最新の地上デジタルのアンテナ取り付け事情!機能性に優れたタイプ

塗装

増設作業の流れ

一軒家

取り替える

コンセントと言っても形や大きさがそれぞれ違います。中には、差込口が3つもあるコンセントもあります。どのコンセントがいいのかは、業者の方と相談して交換することが望ましいと言えます。交換する際は、コンセントのプレート部分を外して、電線を引っ張り取ります。コンセントを埋め込んである枠から抜き取る必要があります。抜き取る際は、ドライバーなどの器具を利用してコンセントを枠から取り外すことができます。枠から取り外すことができたら、新しいものと交換します。取り付ける場合もドライバーを使うことでスムーズに作業を行うことができます。コンセントを裏側にして電線の剥きしろとゲージを差し込みます。差し込む際は同じ場所に差し込む必要があります。違う場所に差し込んでしまうと、正しくコンセントが使えない原因となってしまいます。剥きしろを合わせて差し込んだら、電線の差し込みを行います。電線には、白色の電線と黒色の電線があります。電線の差し込みも大事なポイントですので、気を付けて作業を行う必要があります。電線等の接続が終わったら、作業は終了となります。作業終了後に、ブレーカーの電源を入れて、正常に動くかを確認する必要があります。もし動かないといった不具合がある場合は、また作業を行うという流れになります。

増やす作業

コンセントは、色んな機器を動かすために必要となる道具です。ですので、たくさんあればあるほど、便利だと言えます。コンセントの増設はどういった方法で行うのかを説明していきます。
増設をする際は、コンセント交換と同じようにまずはブレーカーの電源を切ってから行うことが必要となります。コンセントには、白い電線と黒い電線が接続されています。増設をする際は、もともと接続されている白い電線と黒い電線の接続の仕方と同じような向きで接続します。接地側には、白い電線を取り付けるというのが基本ですので、間違って接地側に黒い電線を取り付けないように気をつける必要があります。コンセントの増設の際は、どういったものを繋げるのかによって電線の太さが異なります。消費電力の多いものを使用するという以外は、それほど太い電線を使用する必要はないと言えます。電線を取り付けたら、元の位置にコンセントを戻します。取り付けが終わったら、ブレーカーの電源を入れて、正常にコンセントが動くかを確認します。以上がコンセントの増設の流れです。

自分で作業をするのは、大変危険です。ですので、ちゃんと資格を持っている業者の方に作業を行ってもらうことが大切です。コンセントの交換や増設の際は、業者選びも大切だと言えます。